2013年12月01日

Crown E.C.1 Reading 2

昼食会
 20年前のことだった、私はパリに住んでいた。
私は生きていくのにちょうど十分なお金だけを稼いでいた。
彼女は私が書いた本のうちの1冊を読んで、それについて私に手紙をくれていた。
私は返事を書き、彼女に感謝した、するとその後、彼女から、また手紙で私に会いしたいと言ってきたが、彼女が暇な時間は木曜日にしかなかった。
彼女は、ちょっとした昼食をしに、フォワイヨーズへ連れて行ってくれますかと尋ねた。
フォワイヨーズは、とても贅沢なレストランだったので、私はそこへ行くことなど考えたこともなかった。
しかし、私はお世辞を言われて、女性にノーと言うことができなかった。
私には、今月の残りの日々に間に合うように80フランを持っていたが、昼食会は15フランを超えてはならなかった。
 私は木曜日の12時半にフォワイヨーズでお会いしますと彼女に答えた。
彼女は若くもかわいくもなかったが、おしゃべりが好きだった。
彼女は私のことを話したので、私は嬉しく聞いた。
 メニューが持って来られたとき、私は驚いた。というのも、値段がとても高かったからだ。
 「私は昼食に何かを食べたことはありません。」と、彼女は言った。
 「まあ、そうおっしゃらずに!」と、私は答えた。
 「私は一品しか食べないことにしています。鮭はあるかしら。」
 まあ、鮭の時期には早かったが、私はウェイターにそれがあるかどうか尋ねた。
 「はい。美しい鮭がちょうど入ったばかりです。」
私は彼女のためにそれを注文した。
注文は他にないかどうか、ウェイターが彼女に尋ねた。
 「いいえ、私は一品しか食べません。ただし、キャビアがちょとだけあれば別よ。」と、彼女は答えた。
 私にはキャビアの代金は支払えないことが分かっていたが、私は彼女にそれをうまく伝えることができなかった。 
私はキャビアを持って来るようウェイターに言った。
私は自分のために、メニューの一番安いお料理を選んだ、それはマトンチョップ(あばら骨の付いた羊の肉)だ。
 「肉を食べるのは良い考えではないと思いますわ。」と、彼女は言った。
「私は、あなたがマトンチョップのような重たいものを食べた後で、どうしたら仕事ができるのか分からないわ。」
 それから、飲み物は何にするか聞かれた。
 「私は昼食で何か飲むことはありません。」と、彼女は言った。
 「私もありません。」と、私は答えた。
 「白ワイン以外は。ここのフランスの白ワインは素晴らしいです。」と、彼女は言った。
 「何が飲みたいですか?」と、私は尋ねた。
 「私のかかりつけの医者は私にシャンパン以外は飲ませないの。」
 私は青ざめ、ハーフボトルを注文した。
私は私のかかりつけの医者は、私にシャンパンを飲まないように言っていることに触れた。
 「それでは、何をお飲みになるの?」
 「水ですよ。」 
 彼女は、キャビアとサーモンを食べた。
彼女は芸術や文学や音楽について話した。
しかし、私は、勘定はいくらになるのだろうかと思っていた。
私のマトンチョップが来たとき、彼女はこう言った。
「あなたは重い昼食を食べるのがお好きのようですね。私のように、一品だけ食べたらどうですか。」
 「私は一品だけ食べるつもりです。」ウェイターがメニューを持って再びやって来たとき、私はそう言った。
 彼女はウェイターに手を振ってわきへのかせた。
 「いえ、いえ、私は昼食に何も食べません。ほんの一口よ。もうこれ以上はどうしても食べられないけど、ただ、ジャイアント・アスパラガスだけは別よ。」
 私の心は沈んだ。私は、それらが高価であることを知っていた。
 「ご婦人が、ジャイアント・アスパラガスがあるかどうか知りたがっているのだが。」と、私はウェイターに尋ねた。
 彼は幸せな笑みを浮かべ、とても大きなものがありますと答えた。
 「私は、おなかは少しもすいていないけど、あなたがどうしても食べなさいとおっしゃるなら、アスパラガスを食べてもかまいませんわよ。」と、私の招待客は言った。
 私はそれを注文した。
 「あなたはお召し上がりにならないのですか?」
 「いいえ、私はアスパラガスは食べません。」
 私たちは、アスパラガスを待っていた。私は動揺していた。
月の残りのために、どのくらいのお金を残しておくべきかは、今や問題ではなかった。
私は支払うのに十分なお金を持っているかどうかわからなかった。
 アスパラガスが来た。それらは本当に美味しそうだった。
私は婦人がそれらを食べるのを眺めた。
 「コーヒーは如何ですか?」と、私は尋ねた。
 「ええ、アイスクリームとコーヒーを。」と、彼女は答えた。
 私はもう気にしなくなっていたので、自分にコーヒーを、そして婦人にアイスクリームとコーヒーを注文した。
 「ご存知の通り、私には信じていることがあるの。」と、彼女はアイスクリームを食べながら言った。「人はいつも、もう少し食べられると思いながら食事を終えるべきよ。」
 「あなたはまだ空腹ですか?」と、私は尋ねた。
 「いえ、いえ、私は空腹ではないわ。あなたのために言ったのよ。」
 「ああ、わかりました。」
 勘定書が来て、私がそれを支払ったとき、3フランのチップを支払えるだけのお金しか残っていないことがわかった。
私がウェイターに残しておいた3フランを、彼女は見て私をみすぼらしい人間だと思ったことが、私にはわかった。
しかし、レストランから歩いて出ると、丸一ヶ月が目の前にあり、ポケットには1フランもなかった。
 「昼食では一品しか食べてはだめよ。」と、彼女は私と握手をしながら言った。
 「今度はもっとうまくやりますよ。今夜の夕食には何も食べないでおきますよ。」と、私は答えた。
 「あなたはとてもユーモアのある人ね!」と、彼女は明るく叫ぶと、タクシーに飛び乗った。


体調管理に 癌も克服 奇跡のハーブ iHerb アイハーブ
タグ:crown 和訳
posted by sakai shinji at 11:24 | Comment(0) | Crown E.C.1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。