2018年03月25日

熊本医療センター附属看護学校 H.30 英語 考察

〔T〕 長文問題です。

 Perhaps the finest nature writer of the twentieth century was Rachel Carson. 

 おそらく、20世紀の最も素晴らしい自然作家は、レイチェル・カーソンだった。

She was born on May 27, 1907, on a family farm near Springdale, Pennsylvania. 

彼女は、生まれた。1907年5月27日に、家族農場で、スプリングデール近くの、ペンシルベニア州、

She (p)[ @ exploring A time B around C a lot of D spent ] her family's farm as a child. 

彼女は、多くの時間を探索して過ごした。家族の農場の周りを、子供の頃、

(p) She spent a lot of time exploring around her family's farm as a child. 

An (a)avid reader, she began writing stories at age eight and had her first story published at age ten. 

熱心な読書家であった彼女は、物語を書き始め、8歳のときに、最初の物語が出版された。10歳のときに、

*(a)avid(=eager)(形)熱心な

In her teens, she loved writers who wrote about the natural world, particularly the ocean.

十代の頃、彼女は、作家を愛した。自然界、特に海について書いた(作家を)

At college, she originally studied English but later switched to biology. 

大学で、彼女は、初め英語を勉強した、が、後に生物学に切り替えた。

She graduated at the second highest level in 1929, and she earned a master's degree in zoology at graduate school in 1932. 

彼女は、卒業した、2番目に高いレベルで、1929年に、そして、動物学の修士号を取得した。大学院で、1932年に

She wanted to continue her studies but was forced to leave school to find a full-time job in order to support her family, for in 1935 her father died suddenly, @( leaving ) Carson to care for her aging mother.  

彼女は、研究を続けたかったが、学校を去ることを余儀なくされた、フルタイムの仕事を見つけるため、彼女の家族を援助するために、1935年、彼女の父が突然、亡くなると、カーソンは年老いた母親の世話をすることになった。

* ,(コンマ)leaving〜(分詞構文)=and left〜。leave人to〜「人に〜を任せる」

 She found a position at the U.S. 

 彼女は、米国で地位を得た。

Fish and Wildlife Service in Washington, D.C., where she worked as a marine scientist, (b)primarily as a writer and editor. 

フィッシュ・アンド・ワイルドライフ・サービスで、ワシントンD.C.の、そこで、彼女は、海洋科学者として働いた、主に、作家と編集者として、

*(b)primarily(副)主に(=chiefly) 

She analyzed and reported field data on fish populations, and wrote pamphlets.

彼女は、データを分析し報告した、魚の個体群に関する、そして、パンフレットを書いた。

Using her research and consultations with marine biologists, she also wrote articles for newspapers.  彼女の研究と、海洋生物学者との相談をもとに、彼女は、新聞の記事も書いた。

 In 1941, several years of writing, mainly essays and pamphlets, resulted A( in ) “Under the Sea Wind,” which received excellent reviews.   1941年、数年にわたる執筆、主にエッセイとパンフレットが、「Under the Sea Wind」をもたらし、それは、優れた評価を受けた。

*result in〜「(〜という)結果になる(結果をもたらす)」

(x)It marked a major turning point in Carson's writing career. 

(x)それは、大きな転換点となった。カーソンの執筆キャリアの、

*(x)It は、ほぼ前文の内容。要約すれば、That her book published in 1941 was highly valued. 

A clever scholar working in government during World War II, Carson took B( advantage ) of the latest scientific material for her next book, “The Sea Around Us,” which was (c)nothing short of a biography of the sea. 

第二次世界大戦中に政府で働いていた賢い学者であるカーソンは、彼女の次の本「The Sea Around Us」のために、最新の科学的資料を利用した。それは、まさに、海の伝記に他ならなかった。

*take advantage of〜「〜を活用する」。nothing short of〜「まさに〜に他ならない(=almost)」

It became an international best seller, and Rachel Carson became the trusted public voice of science in America. 

それは、国際的なベストセラーになり、レイチェル・カーソンは、アメリカで信頼される科学者の声となった。

In her books on the sea, Carson wrote about how currents change, how temperature affects sea life, and how erosion impacts not only shore lines but fish populations and tiny micro-organisms. 

海に関する彼女の本で、カーソンは、流れは如何に変化するのか、温度が海の生活に如何に影響するかについて書いている、そして浸食は如何に影響するのかについても、海岸線ばかりではなくて、魚の数や小さな微生物に。

Even in 1950's, Carson's ecological vision of the oceans shows her embrace of a large environmental ethic which could lead to the sustainability of nature's *interactive and *interdependent systems. 

1950年代でさえ、海についてのカーソンの生態的洞察力は、彼女の大規模な環境倫理学の抱擁を示している。

(それは)自然の双方向性および相互依存的なシステムの持続可能性につながり得る、

 Looking at evidence of the widespread misuse of organic chemical *pesticides by government and industry, Carson unwillingly spoke out not just about the immediate threat to humans and non-human nature from careless (i)chemical exposure, but also questioned government and private science's assumption that human (d)domination of nature was the correct course for the future. 

有機化学殺虫剤の広範な誤用、政府と企業の、証拠を見ながら、カーソンは渋々語ったが、不注意な化学物質の露出からの、人間や人間以外の自然への差し迫った脅威について、政府と民間の科学者の仮定にも疑問を呈した。人間による自然の支配が、将来への正しい道筋であるという(仮定)

*(i)chemical exposure化学薬品の露出。具体的には、後出のDDTの散布などがある。

 (d)domination支配(=control) 

In “Silent Spring,” her most well-known book published in 1962, Carson asked the hard questions about C( whether ) and why humans had the right to control nature, to decide who lives or dies, to poison or to destroy non-human life. 

1962年に出版された彼女の最も有名な本「Silent Spring」では、カーソンは、厳しい疑問を投げかけている。人間が自然を制御し、誰が生きるか死ぬか、毒をまくか、或いは、人間以外の生命を破壊するかを決定する権利を持つかどうか、そして、なぜ持つのかについて、

*and why 以下は、humans had the right to control natureという完全な文。

She described (ii)how DDT entered the food chain and accumulated in the fatty tissues of animals, including human beings, and caused cancer and genetic damage. 

彼女は、説明した。(ii)DDTがどのようにして食物連鎖に入り、人間を含めた動物の脂肪組織の中で蓄積して、ガンや遺伝子の損傷の原因になったかということを、 

A single application on a crop, she wrote, killed insects for weeks and months−not only the targeted insects but countless more−and remained *toxic in the environment even after (Y)it was thinned by rainwater. 

ある作物における単一の適用では、彼女が書いているように、数週間、数ヶ月に渡って虫を殺し、標的の昆虫だけではなくて、さらに多くの昆虫をも、そして、それが、雨水によって薄くなった後でさえ、環境下で有毒のままだった。

*(Y)のitは、接続詞after以降の主語であるから、afterの前の主節の主語を指す。よって、文頭のA single application on a cropである。

Carson concluded that DDT and other pesticides had utterly harmed animals and (e)contaminated the world's food supply.

カーソンは、DDTと他の農薬が、動物に完全に害を与え、世界の食糧供給を汚染したと結論付けた。

*(e)contaminate汚染する(= pollute) 

 D( Needles ) to say, the book brought her a long loud cry of great anger from the chemical industry. 

言うまでもなく、その本は、彼女に、化学産業界からの大きな怒りの長い叫びをもたらした。

Appearing on a TV documentary about “Silent Spring” shortly before her death, she remarked, “Man's attitude toward nature is today critically important (Q)[ @ acquired A because B have C simply D we] a fateful power to alter and destroy nature. 

死の直前に「Silent Spring」についてのテレビドキュメンタリーに出演すると、彼女は、述べた。「自然に対する人間の態度は、今日非常に重要です。それは単に我々が自然を変え、破壊する宿命的な力を身につけたからです。

*(Q)simply because we have acquired。直後のa fateful powerがhave acquiredの目的語。

But man is a part of nature, and his war against nature is inevitably a war against himself. 

しかし、人間は自然の一部ですから、自然との戦いは、必然的に自分自身との戦いになります。

We are challenged as mankind has never been challenged before to prove our maturity and our *mastery, not of nature but of ourselves.”

私たちは、人類が決して挑戦されたことがないほど挑戦されています。私たちの成熟と支配力を証明する前に、自然に対するのではなくて、自分自身に対する、」 

Her words are still echoing in our hearts and minds. 

彼女の言葉が、今も私たちの心に響いている。

(注) interactive 双方向性の interdependent 相互依存的な pesticide 殺虫剤 toxic 有毒な mastery 支配(力)


(1) Carson was forced to leave school because she had to care for her mother after her father’s sudden death. 

(2) In her books on the sea, she wrote about sea life affected by temperature, and shore lines, fish populations and tiny micro-organisms impacted by erosion. 

(3) In a TV documentary, Carson said that we are a part of nature, so our war against nature naturally means that we should fight against ourselves. 


〔U〕 以下の会話文の空所に入れるのに最も適当なものを、4つの選択肢から選ぶ問題です。

A : I heard you’re moving to New York.  

   君がニューヨークに移るって聞いたんだけど。

R : Yes. @( I’ve got an offer ) in a suburb of New York. 

   そうなんだ。ニューヨーク郊外に内定もらったよ。

A: Oh, that’s great! Have you already been to your new office? 

   おぉ、やったね! もう新しい会社には行ってみたのかい?

R : Yes, but A( only once to go in for the exam ). 

   うん、でも、(入社)試験で1回行っただけなんだ。

A : I see. How did you like its atmosphere? 

   なるほどね。そこの雰囲気はどうだった?

R : I like it very much. Everybody there seemed very kind and friendly. 

   (僕はそこが)とても気に入ったよ。そこの人たちは皆、とても親切で親しみやすそうだったよ。

A : Oh, that’s good. Anyway, I’m going to miss you so much.

   おぉ、それはよかった。 とにかく、君がいなくなるのはとても寂しいよ。

R : Me too. B(Let’s keep in touch ).

   僕もだよ。  連絡取り合おうね。

A : Yeah. C(Don’t forget to drop me a line ) when you settle down. 

   うん。落ち着いたら、僕に連絡するのを忘れないでくれよ。

R : Trust me. I won't. I'll be sure to contact you. 

   僕を信じてくれ。忘れないさ。必ず(君に)連絡するよ。

A : Do you have my address? 

   僕の連絡先持ってるかい?

R : Well, I have your e-mail address. 

   ええと、君のEメールアドレスを持ってるよ。

A : All right! D(I look forward to hearing from you soon ). Good luck! 

   わかった。君からすぐに連絡が来るのを待ってるよ。幸運を!

*特に、難しい箇所はないと思われます。前後の流れさえ分かれば、あとはお決まりの表現ばかりです。

@は、直後のHave you already been to your new office?から、Rに新しい職が決まったことがわかります。Aは、直前で、Have you already been to your new office?と聞かれ、Yes, but〜と答えていることから、「行ったのには行ったのだけれど…」といった感じになります。Bは、会話の流れから、Let’s keep in touch.「連絡取り合おうね」が一番ふさわしいでしょう。これに続くCは、後ろに、when you settle down. 「君が落ち着いたら」とあることからも、Don’t forget to drop me a line「僕に連絡するの忘れないでね」となるでしょう。Dは、直前の会話で、AがRのアドレスを持っているかどうかの確認をしていますので、

I look forward to hearing from you soon.「君からすぐに連絡が来るのを待ってるよ」となるでしょう。


〔V〕 以下の英文の空所に入れるのに最も適当なものを、4つの選択肢より選ぶ問題です。

1. I regret (    ) my time and money in my youth. 

 @wasted  Ahave wasted  Bhad wasted  Chaving wasted 

*regretは、「〜を後悔する」という他動詞で、目的語を必要としますが、目的語は名詞形でなくてはなりません。@〜Cの選択肢の中で、名詞形はただ一つ、Chaving wasted(完了動名詞)だけですので、何ら迷うことはありません。全文は、次のようになります。

I regret having wasted my time and money in my youth.

私は、若い時に自分の時間とお金を無駄にしたことを後悔します。


2. This fountain pen was very expensive. I paid (    ) than 25,000 yen.

 @no more  Amot more  Bno less  Cnot less

*「この万年筆はとても高かった」のですから、選択肢はBかCに絞られます。BとCの違いは、noとnotです。noが後ろに来るものを否定するのに対し、notは前の動詞を否定します。空所にBとCをそれぞれ入れてみると、

no less than 25,000 yen

25000円より少ないなんてことはない→実に25000円も

not less than 25,000 yen

(支払ったのは)25000円より少なくはない→25000円ほど、25000円以上

同じようにも見えますが、notが単に事実を述べているのに対し、noには感情が込められています。前文のvery expensiveという内容から考えて、Bのno lessがふさわしいでしょう。全文は次のようになります。

This fountain pen was very expensive. I paid no less than 25,000 yen.

この万年筆は、とても高かった。             私は(実に)25000円も支払った。 


3. You can get there in thirty minutes by (    ).

 @train  Aa train  Bthe train  Ctrains

*by のあとの不特定な交通・通信機関などを表わす名詞は無冠詞です。よって、@が正解。特定の時間に発着する交通・通信機関を表わす場合は定冠詞がつきます。全文は次のようになります。

You can get there in thirty minutes by train.  電車で30分でそこへ着くことができます。


4.Last week they visited Kyoto,(   )they enjoyed themselves, doing a lot of sightseeing.

 @that  Awhat  Bhow  Cwhere

*空所の後は、they enjoyed themselvesというSVOの完全な文で、代名詞の省略はありません。よって、関係代名詞ではなく、関係副詞のBかCとなります。空所の直前はKyotoという場所ですから、Cのwhereが入ります。全文は次のとおりです。

Last week they visited Kyoto, where they enjoyed themselves, doing a lot of sightseeing.

先週、彼らは京都を訪れました、そこで、彼らは楽しみました。たくさんの観光をして、


5. Our teacher suggested that we (    ) for the coming examination. 

 @prepare  Aprepared  Bmust prepare  Ccould prepared

*意味的には、Our teacher suggested that we should prepare for the coming examination.「私たちの先生は、私たちが、来たるべき試験に備えるべきだと提案した」ということでしょう。

suggestやdemandといった動詞のあとにthat節がくる場合、that節以降にshouldを入れることがあります。これは、should本来の意味の「〜すべきだ」という使われ方です。このshouldは省略可能です。この場合、動詞は原型のままとなります(仮定法現在)。会話ではthatはしばしば省略されます。全文は次のとおりです。

Our teacher suggested that we prepare for the coming examination. 

私たちの先生は、私たちが、来たるべき試験に備えることを提案しました。 


6. She (    ) in just now. She is probably in the upstairs.

 @has come  Acame  Bhad come  Cwould come 

*just now「ちょうど今」は過去時制です。A以外にはあり得ません。全文は次のようになります。

She came in just now. She is probably in the upstairs.

彼女はちょうど今来た。    彼女はおそらく上の階にいる。


7. He went out of the room (    ) our noticing it.

 @unless  Aalthough  Bdespite  Cwithout

*空所の後は、our noticing itという名詞形です。よって空所には前置詞が入りますから、BかCに絞られます。@にも前置詞の用法はありますが、答えがB、Cのいずれでもない場合に考えます。BとCをそれぞれ空所に入れてみます。

He went out of the room Bdespite our noticing it.

彼は、我々が気づいたにも関わらず、部屋から出ていった。

He went out of the room Cwithout our noticing it.

彼は、我々が気づかないうちに、部屋から出ていった。

Bのような状況が無くはないでしょうが、Cの方がより自然でしょう。正解はCです。


8. She was (    ) kind as to see me off at the airport.

 @such  Aas  Bso  Ctoo

空所には、kindという形容詞を修飾する副詞が入ります。後ろに形容詞+as to doという形を伴い、同程度を表す副詞はsoのみです。全文は次のようになります。

She was so kind as to see me off at the airport.

彼女は、親切にも空港で私を見送ってくれた。


9. My CD player got broken yesterday. I'll have to have it (    ) at a nearby electric shop. 

 @repair  Arepaired  Brepairing  Cto repair

*have (get)+O+過去分詞という第5文型が思い浮かべば、迷わずAが選べるでしょう。haveやgetは第5文型を導く代表的な動詞です。ここでは、itがO(目的語)、repairedがC(補語)となります。目的語と補語には、主語と述語の関係があり、be動詞で繋ぐことができます。この場合it is repairedとなります。正解はAです。

My CD player got broken yesterday. I'll have to have it repaired at a nearby electric shop. 

私のCDプレーヤーが昨日壊れてしまった。 私はそれを近くの電気店で修理してもらわなければならない。


10. Our train was delayed because of the rain, and we had to wait (    ) three hours.

 @another  Aother  Bmore  Cthe other

*文脈からすると、電車は雨のため既に遅れていたようで、更にもう3時間待たなければならなかったようです。よって、@anotherとなります。全文は次のようになります。

Our train was delayed because of the rain, and we had to wait another three hours.

私たちの列車は、雨のために遅れていたので、更にもう3時間待たなければならなかった。


以上、大問3は文法問題のようですが、中学校から高校1年ぐらいまでの教科書に載っているようなことばかりです。高校でよく買わされるような英文法や英単語の参考者などは不要でしょう。それよりは教科書を何度も読み、疑問が生じたときは、その都度辞書を引くことです。これは、大問1、2についても言えることです。





posted by sakai shinji at 20:35 | Comment(0) | 医療看護系過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。