2014年08月16日

Chemical Secret 2

2 家庭で 
 「お帰りなさい、おとうさん。台所に夕食があるわよ。」 
 ジョンの16歳の娘、クリスティーンは、テーブルに座って宿題をしていた。13歳の息子、アンドリューは、テレビを見ていた。 
 「ありがとう、クリスティーン。遅くなってごめんよ。大丈夫かい?」と、ジョンは聞いた。 
 「大丈夫よ、ありがとう。」クリスティーンは、彼に、素早く、微笑むと、宿題を続けた。ジョンは台所から夕食をとった。魚のフライとチップ。夕食は、乾いて、あまり美味しくはなかった。しかし、彼はそれには何も言わなかった。ジョン自身、料理は上手くなかったし、子供たちも、上手くはなかった。妻は、料理が上手かった、彼は思い出していた。 
 ジョンは、まずい夕食を食べようとした、そして、小さく、惨めなアパートを見渡した。家具は20年物、壁紙とカーペットは、安くて汚かった。部屋はすべて小さく、窓から木や庭は見られない−ただ何百という他のアパートからの明かりだけが見えた。そして、本、服、新聞紙が床に散乱していた。 
 かつて、妻が生きていたころ、彼にはすばらしい家があった。郊外に、広々とした庭付きの、美しく大きな家。彼らには、たくさんの新しい家具、2台の車、豪華な休み−必要なものはすべて−揃っていた。彼には、良い仕事があり、お金の心配をする必要はなかった。そして、彼はボート製造会社を始め、運は終った。 
 レイチェルが亡くなったとき、ジョンは本当に不幸だった。あまりに不幸で、仕事のことなど考えられなかった。数ヶ月後に、彼の会社は閉鎖し、彼は自分のお金をすべて失った。ジョンは、郊外の美しい家を売り、このみすぼらしいアパートへ移らねばならなかった。 
 そして、この2年間、彼にはまったく仕事がなかった。彼は、また、貧しく不運な人間だった。彼は多くの仕事にチャレンジしたが、どれも仕事にできなかった。とても多くの有望な若い生物学者がいた。しかし、今や、それは変ろうとしていた。彼は、娘を見て微笑んだ。 
 「学校は良かったかい、クリスティーン?」と、彼は、彼女に尋ねた。 
 「ええ、よかったと思うわ。」と、彼女は答えた。彼女は、あまり幸せそうには見えなかった。「お父さんにお便りがあるの。」 
 彼女がテーブルの向こうから手紙を押すと、彼はそれを開いた。それは、学校からのものだった。先生の一人が、スキー休日に、スイスの山へ、子供たちを連れて行く。10日間で400ポンド掛かる。子供たちを行かせたい親は、2月25日迄に学校に送金せねばならなかった。 
 ジョンの微笑みは、より大きくなった。「今度の休日に行きたいかい、クリスティーン?」と、彼は尋ねた。 
 彼女は、不思議そうに彼を見た。「もちろん、行きたいわ、お父さん。」と、彼女は言った。「でも、行けないわよね?400ポンドなんてないでしょ。」 
 「いや、そうは思わない。」彼は分厚い眼鏡を通して、慎重に彼女を見た。彼女は、賢くて強い女の子だった。勉強はよくできるし、スポーツも上手かった。しかし、スキーをしたことはなかった、ジョンに、十分なお金がなかったからである。 
 「友だちは行くのかい?」と、彼は彼女に尋ねた。「ええ、何人か。ミランダ、ジェーン、ナイジェル、お金持ちの人たちね。でも、彼女たちは、よくスキーに行くの。彼女たちには簡単なことね。私が行けないことはわかっているわ、お父さん。手紙は捨ててちょうだい。」
 ジョンは彼女を見ると、心臓が高鳴るのを感じた。「いや、そう思わないでおこう、クリスティーン。」と、彼が言った。 「もし行きたいなら、きっと行けるさ。そうじゃないか。」 
 クリスティーンが笑った。「何かあったの、お父さん?銀行から取ったとか?」 
 ジョンは立ち上がった。彼はキッチンに行き、自分の飲み物を取った。「いや。」と、彼は、戻って来て言った。「でも、今日、面白いことがあった。宿題を片づけなさい、クリスティーン。それから、テレビを消しなさい、アンドリュー。お前たちに話がある。」 
「えー、今はだめだよ、お父さん!面白いところなんだから。」と、アンドリューが言った。 
 ジョンは笑った。「私にも、面白い話があるぞ、アンドリュー。聞きにおいで。」 
ジョン・ダンカンの子供たちは、古い、散らかったアパートに住んでいて、お金はなく、しばしばひどい食事をしていた。しかし、彼らはまだ、父と話すことができた。それで、アンドリューはテレビを消して、父とクリスティーンのそばにある大きい肘掛け椅子に座った。 
 話は、最初、あまり面白くはなかった。「私は、今日、工場へ行ってきた。川のそばの塗料工場。いや、待ちなさい、アンドリュー。塗料工場が、とても面白いのさ。彼らは、私にそこでの仕事をくれた。私は自分の事務所、大きい車、たくさんのお金を手にするだろう。事実、私たちは裕福になる・・・!」 


体調管理に 癌も克服 奇跡のハーブ iHerb アイハーブ
posted by sakai shinji at 14:27 | Comment(1) | chemical secret | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

Chemical Secret 3

3 豊かな人
 ジョン・ダンカンは月曜日に仕事を始めると、カーターが工場を案内した。会社が生産した最も重要なものは、車用の新しい塗料だった。それはとても強く、硬い塗料で、何もそれに損害を与えることはできなかった。メアリーと化学者たちは、それを開発し、世界中でそれをテストした。酸も塩水もそれに損害を与えることはできず、車は北極やサハラ砂漠から新車のようにして帰ってきた。
 会社はこの塗料から多くの収益を上げ始め、町に400もの新しい仕事をもたらした。
 ある日、ジョンが塗料の仕事をしていると、足にその廃棄物をこぼした。彼は素早くそれを拭きとったが、それは皮膚に赤い、痛みを伴う腫れを残し、そして消えなかった。その痛みは、夜中に彼を起こした。彼が、その上に何をこぼしたか、医者に話すと、医者は不思議そうに彼を見た。
 「それでは、これらの化学物質は、新しい塗料と関係がありますね?」と、医者は慎重に尋ねた。
 「ええ、お話しました。それは、1瓶の廃棄物でした。私は、事務所でそれを見ていました。」
 「なるほど。」医者は、思慮深げに窓から外を眺めた。彼の指が、机の上を静かに動いた。「それで、あなたの会社は、現在多くのこの廃棄物を出していると思うのですが。」
 「はい、もちろん。」ジョンは急いで言った。彼は、10分後に、重要な人物に会わねばならなかったのだ。「では、何かそれに付けるものをくださいますか?」
 「あ、そうでした。」と、医者は1枚の紙に何かを書き始めた。「これを夜と朝に付けてください、そうすれば、痛みは1、2日でなくなるでしょう。でも、そこの皮膚は1、2年、赤いままなのではないかと思います。それは、ご存じのように、汚染物質ですよね、ダンカンさん。」
「はい、わかっています。」と、ジョンは彼に微笑んだ。「でも、心配しないでください、先生。我々は、工場でそれらにとても注意しています。誰も、特殊な防護服を着ずに、それらに近づくことはできません。お好きなら、見学できます。」
 「それを聞いてたいへんうれしく思います。」と、医者は言った。彼は、ジョンに紙切れを渡した。
 「ありがとうございます。」ジョンはそう言うと、ドアの方へ向かった。
 「ダンカンさん?」
 「はい?」と、ジョンは驚いて振り返った。
 「工場が生産を終えた後、その廃棄物はどこへ行きますか?川ですか?」
 「えー、はい、もちろん。」と、ジョンは答えた。「でも、大丈夫ですよね。それは、常時、とても慎重にチェックされます。川は大きくて、我々は1日に数百リットルの廃棄物を流すだけです。それに、結局、海からわずか2キロメートルのところですから。」と、彼は素早く付け加えた。
 「いいでしょう。」と、医者は言った。「私は、誰にもその廃棄物を飲んで欲しくない、それだけです。」
 「それらが、飲まれることはないでしょう、先生。」と、ジョンは言った。「すべて飲料水は、川の上流5キロメートルから取られます、ご存じですよね。誰が、いくらなんでも、川口から塩水を飲むでしょうか?ご存知のように、ロンドンの化学者は、それもチェックしましたし、我社の弁護団はそのすべてを知っています。それで、危険はありませんし、我々は間違ったことは何もしていません。心配しないでください。」
 彼は、ドアを出ると、30分後には、その会話を忘れていた。
 彼は、今やとても忙しい男だった。一日中、様々な塗料を検査し、それらが安全であることを確認しなければならなかった。彼はまた家族のために大きくて、快適な家を買うのにも忙しかった、その傍らにはフィールドがあって、クリスティーンは、そこで、馬を飼うことができた。家は海から半キロメートルのところにあり、その庭は川へと続いていた。 そこには、空のボートハウスがあった。
 「ボートを持つことができるかな、おとうさん?」と、アンドリューが尋ねた。「もちろん、今でなくて、いつか。多分、お父さんが、家の代金を払い終わった時?」
 ジョンは笑った。子供たちは、ずいぶん長い間貧しかった。それが、今や、彼は、子供たちに欲しいものは何でも買ってやれる。
 「今ボートが欲しいなら、持てるさ、息子よ。」と、彼は幸せそうに言った。「こんなに大きな家を買う余裕があるのだから、小型ボートぐらい持てるさ。毎週釣りに行こうか?それから、夕方には、お前たち2人に、ボートの操縦を教えよう。ずっとそうしたかったからね。」
 彼は、自分は何と幸せなのか、信じられなかった。彼は、ついに、いい仕事、すばらしい家を手に入れ、子供たちは欲しいものすべてを手に入れた。彼はただ、妻のレイチェルが、生きていて、一緒にそれを楽しめればよかったなと思った。彼が今、子供たちに与えることができないただ1つのことがあった。子供たちに、母を戻してあげることはできなかったのだ。
体調管理に 癌も克服 奇跡のハーブ iHerb アイハーブ
posted by sakai shinji at 10:28 | Comment(0) | chemical secret | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Chemical Secret 4

4 アザラシ
 数ヶ月後、ジョンはメアリーを新居での食事に招待した。大変な夕方だった。彼は、誰も、彼らの古いアパートに招待したことはなく、子供たちの友人も食事をしに来たことはなかった。新居はとても散らかっていて、ジョンは食事が心配だった。彼とクリスティーンは、チキンは簡単だと思ったので、それを料理した。でも、チキンは味気なく、米も柔らかすぎた。
 メアリーは微笑んで、気にしないふりをした。しかし、晩餐はうまくいかなかった。彼女がキッチンを片づけたので、クリスティーンは彼女に腹を立て、彼女がテレビを見たがらなかったので、アンドリューも彼女に怒っていた。子供たちはふたりとも早く就寝し、母のことを考えた。
 しかし、日曜日になると、メアリーが再びやって来た、それで、ジョンは新しいボートで彼ら全員を連れ出した。それは、かなりうまくいった。メアリーは、操縦の仕方を知らなかったので、子供たちは、どうすればいいか、彼女に教えなければならなかった。彼女は、教えられたようにして、楽しそうだった。ジョンはボートの後部に座って、静かに子供たちを見ていた。彼は、彼らを誇りに思ったし、彼らも彼を誇りに思っていると感じた。メアリーと子供たちが初めて一緒に笑った、ジョンは大きな笑みが顔に浮かぶのを感じた。
 5月の中頃の美しい、陽がさんさんと降り注ぐ日だった。良い風が吹き、セーリングは楽しかった。ボートは、小さくて、上端が白い波の上を、素早く走った。空は青く、晴れわたっていた。彼らは河口までやってきた、そこには、たくさんの小さな島と砂州があった。
 「見て、おとうさん、早く!あそこ!あれらは何?」アンドリューは興奮して、長く、低い砂州の1つを指さした。
 「アザラシさ。」と、ジョンは言った。「見たことないかい?」
 「ないなぁ。映像でだけ。実物はないよ。」と、アンドリューは言った。彼の顔は輝き、興奮し、嬉しそうだった。 「彼らは、ここで本当に暮らしているの?」
 「そうだよ。アザラシの家族の群れさ。母親は、子供を産みに、毎年、ここへ来る。」
 彼らは、アザラシからわずかおよそ20メートルになるまで、砂州に近づいた。湿ったツヤのあるアザラシの母親は、頭を上げて、青い目で彼らを見た。赤ちゃんアザラシは、母親からミルクを飲んだり、母親を乗り越えたり、浅瀬で遊んだりしていた。それから、大きい父親アザラシが、頭を上げ、怒って彼らをじっと睨んだ。
 「彼らは美しいと思うわ。彼らがこんなに、町の近くで生きていたとは知らなかった。ちょうど彼らに会えて、幸せだと思うわ。」と、メアリーは言った。
 「ええ、そうね。彼らが、まったく彼らだけで、誰も彼らの世話をせず、ここで生きているならば、世界にとって悪いものなど何もないと思うわ。」と、クリスティーンは言った。
 「ええ、彼らも本当に美しいわ。見て!母親の背中の上で遊んでいる小さいのを見た?私もあんなふうにできたらなぁ。」と、メアリーは言った。
 ジョンは、メアリーと子供たちが談笑しているのを見て微笑んだ。彼も、また、世界はいい場所だと思った。

体調管理に 癌も克服 奇跡のハーブ iHerb アイハーブ
posted by sakai shinji at 16:30 | Comment(0) | chemical secret | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月18日

Chemical Secret 5

5 新たな実験
 数日後、ジョンは、別の実験を見るてくれるようメアリーに頼んだ。彼は、工場の裏の、長くて静かな部屋へ、彼女を連れて行った。その部屋は、小動物の音で溢れていた。
 「私は、廃棄物をテストしてきた。これを見てくれ。」と、ジョンは言った。彼は、メアリーに一枚の紙を渡した。「これらのラットのうちの何匹かに、廃棄物を含んだ餌と飲み水を与えた。実際、今のところ問題はない。1、2匹、病気になったが、多くはない。さほど深刻なものはない。
メアリーは、慎重にデータに目を通した。彼女は、この手の実験が好きではなかったが、それが必要なことはわかっていた。確かにジョンは正しかった。死んだラットはいなかったし、病気になったものも、多くはなかった。
 「それで、あなたは私に、何を見せたいの?」と、メアリーは尋ねた。
 「これだよ。」と、ジョンは言った。 彼は窓のそばの箱を開けた。「この10匹のラットには、今2週間、廃棄物が含まれた飲み水を与えてある。私はそれらに多く与えた。5ppmだ。それらは今日、子供を産む。子供に問題がなければ、我々は心配することはないだろう。」
 「ああ、ジョン、何てひどいことを!」と、メアリーは言った。「わかってる、わかってるさ。」と、ジョンは答えた。しかし、彼は聞いていなかった。「見てごらん。もう、何匹か生まれている!」と、興奮して言った。
 ジョンは、箱からラットの子供を何匹かを取り出し、虫眼鏡でそれらを見た。「なんてこった。多分、問題がある。見てごらん。」と、彼は、最後に言った、悲しげに。
 メアリーは、虫眼鏡を通して見た。気分が悪くなり始めた。長い沈黙があった。
 「確かに問題ありよ!」メアリーの声が、静かな部屋に、甲高く響いた。彼女は虫眼鏡の下の、小さな生き物を見つめていた。「赤ちゃんラット、目の無い、耳も無い、6本脚の!おお、ジョン!ジョーン!何をしたの?」
 ジョンは、彼女を見た、いつもとは違った様子で。 「恐ろしいことだね?でも、私は知る必要があった。そして、メアリー覚えておいてほしい - それらの母親は2週間、これらの化学物質が5ppm含まれた、飲み水を飲んだ。それは、我々が川の水に含ませるよりも、ずっと、ずっと多い。」
 メアリーは、ラットから目をそらした。彼女は、ジョンの子供たちと、青く済んだ海で、セーリングして過ごした、美しい午後を思い出した。「ジョン、この廃棄物は危険だわ!私たちは、これらを川の水に含ませるのを止めなくては。」と、彼女は言った。
 「もちろんだ、もちろん。」ジョンは、彼女の腕に手を置き、落ち着かせた。しかし、それは、ラットをつかんだ手と同じ手だった。「もちろん、必要なら、それを止めるさ、メアリー。会社は、廃棄物を洗浄する機械を作れるだろう。来週、デビッド•ウィルソンへ、報告書を書くよ。」
 「でも・・・」メアリーは、ジョンの方を向いた。ジョンの手は彼女の腕から落ちた。「私たちは、今、塗料の製造を停止するべきだと思わない?その機械を作るのに、きっと数年掛かるわ。そして、私たちは今、この化学物質を川の水に含ませているのよ!」
 ジョンの顔を、陰がよぎった。彼の視線は、メアリーに向けられ、それから、窓の外へ向けられた。
 「私は・・・今それをする必要はないと思うよ、メアリー。現時点で、川の水に含ませているのはごく僅かだ。それに、会社はその機械を作るだろうしね。
 メアリーは、長年に渡る彼女の仕事、何百という、うまくいかなかった実験を思い出した。彼女は、ジョンの手に触れ、微笑んだ。「そう望むわ。本当にそう望むわ。」と、彼女は言った。
 そして、振り向くと、足早に部屋を立ち去った。

体調管理に 癌も克服 奇跡のハーブ iHerb アイハーブ
posted by sakai shinji at 10:32 | Comment(0) | chemical secret | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Chemical Secret 6

6 報告書
 ジョンの報告書は、彼が思っていたよりも長くかかった。彼が、デイビッド•ウィルソンと結果を議論しに行ったのは、ほぼ6週間後だった。 
 ウィルソンは、科学者ではなかった。彼はビジネスマンだった。ビジネスの方法、お金を作る方法は知っていた。
 ジョンさん、来てくれてありがとうございます。デイビッド•ウィルソンは、机の後ろから出てきて、ジョンと握手した。彼らは、窓のそばにある、大きくて快適なアームチェアに、それぞれ座った。
 デイビッド•ウィルソンのオフィスは、ぶ厚いカーペットが敷かれ、壁には美しい絵画が掛けられ、大きかった。窓から、ジョンは、川、そして川の向こう側に森、原野を見ることができた。彼は、快適さ、幸福、安心を感じた。
 「あなたの報告書、読みました。」と、ウィルソンが話し始めた。それから彼は話をやめ、タバコに火をつけた。「あまり良くないようですね。」
 「何がでしょうか?」ジョンは驚いて彼を見つめた。
 ウィルソンは微笑み、たちこめるタバコの煙の中で手を動かした。「いや、いや、心配しないでください。もちろん、報告書が悪いということではありません。あなたはとても懸命に働き、うまくやっている。私が言いたいのは、報告書の最後にある考えが、好ましくないということです。」
 「それらのどこが悪いのですか?」
 「コストが掛かり過ぎます。」2人の男は、一瞬見つめ合った、ジョンは、胃に冷たく不快なものを感じた。ウィルソンは微笑んだが、それはジョンが好きな笑みではなかった。
 「ジョンさん、見てください。あなたの報告書によれば、我々は、廃棄物が川に入る前に、それを洗浄する新しい機械を作るべきであるということですね?そして、この機械に2百万ポンド掛かるということですね。我々は、どこでそれを見つければいいと思います?お金は、木になったりしませんよね。」と、彼は言った。
 「ええ、もちろん。」ジョンの口は乾いた。彼は水を飲むと、手の震えを感じた。「しかし、我々は、多くの新しい塗料を販売しています。毎月数百万ポンド稼いでいますよね。」
 「ええ、我々は、とてもよくやっています。しかし、この新しい機械を作るのに200万ポンドを掛けるなら、塗料はもっとコストが掛かります、そうなれば、あまり売れないでしょう。」と、ウィルソンは答えた。
 「でも - 我々はそれをしなければならない。」と、ジョンは言った。「これらの廃棄物は、私が思っていたよりも、はるかに危険です。あなたは私の報告書にある、そのことを読んでいませんか?私がラットの飲み水にその化学物質を入れたら、目と耳のないラットが生まれました。1匹は、脚がなく、また1匹は6本脚でした。」彼は、震えた。「それらは2ppmしか飲んでいなかったのですが、脚のないものが生まれました。我々はこれらの化学物質を川の水に含ませることはできません。」
 「もちろん、そのことは読みました、ジョンさん。私は実際、とても慎重に報告書を読みました。そして、あなたの報告書にはまた、大抵の日は、我々が川の水に2ppm以下しか含ませていないともありました。ちょっと聞いてください!我々は、飲料水が、川のこの付近からは取られていないことを、お互い、知っていますよね?そして、2キロメートルほどで、川は海に達します。それで、なぜ、危険ですか?誰も、決してそれを飲まないですよね、ジョンさん!我々は、この新しい機械を作る必要はありません!」
ジョンは、子供たちと、川でボートを操縦したことを思い出していた。アザラシ、釣り人、海岸で遊んだり、泳いだりしていた小さな子供たちのことを考えた。「我々は、それを作らねばなりません!」と、彼は言った。
 デイビッド•ウィルソンは、慎重に彼を見た。彼が話したときの声は、とても静かで厳しかった。ジョンさん、聞いてください。あなたは非常に良い科学者だし、我々は幸運にも、この会社にあなたを迎えることができました。しかし、あなたはビジネスマンではありません、そして、私はビジネスマンです。これを見てください。」と、彼は一枚の紙を取って、ジョンに目を通すよう、テーブルの向こうから渡した。それには、会社の資本が書かれていた。 「我々は、昨年、1千万ポンドを借り入れ、400人以上の雇用をしました。このような小さな町にとって、どれ程の意味か考えてください!」
 「わかります。しかし・・・」と、ジョンは言った。
 「ちょっと待ってください。聞いてください。我々が、あなたの言うこの洗浄機を作るなら、人々は職を失うことになる - 多くの人がです!この会社は、これ以上お金を借りる余裕はありません、ジョンさん。我々にはできません!」
 ジョンは立ち上がった。「それでは、人々がこのために病気になったら、どうなりますか?そのことを考えたことはありますか?新聞はそのとき何と書くでしょう?」
 誰も病気にはなりません。誰もその水は飲みませんから、ジョンさん。新聞はそれを知ることはありません。」
 「私が言えば、彼らは書くでしょう。」
 長い沈黙があった。デイビッド・ウィルソンは立ち上がった。彼は、ジョン•ダンカンを見ることなく通り過ぎ、机の向こう側に座った。彼が見上げると、彼の目は、海岸の石のように、冷たく灰色だった。
 「あなたがそうしたなら、ジョンさん、私は、あなたが嘘をついていると言わねばなりません。あなたは仕事を失うことになるでしょう。家を売って、汚く狭いアパートの生活に戻らねばならないでしょう。別の仕事は得られず、再び家やお金を持つことはないでしょう。あなたは友達やお金もなく、通りを徘徊するただの老人になるでしょう。それがあなたのしたいことですか?
 ジョンは、答えなかった。彼は長い間立っていた、そしてウィルソンを見つめた、言葉はなかった。2分程して、ウィルソンは微笑んだ−薄く静かな微笑だった。
 「しかし、あなたが我々といるなら、あなたは翌年、2倍の給料を得るでしょう。そして、誰も傷つかない、なぜなら、誰もその水を飲まないのだから。」
 彼は、机から立ち上がり、前を回って来て、手を差し出した。ジョンは、さらに長い間立っていた。それから彼は握手した。
 「そのことを考えてみてください、ジョンさん。」と、デイビッド•ウィルソンは言った。
 ジョン•ダンカンは、振り返り、ドアへ向かってゆっくりと歩いた。

体調管理に 癌も克服 奇跡のハーブ iHerb アイハーブ
posted by sakai shinji at 16:34 | Comment(0) | chemical secret | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

Chemical Secret 7

7 クリスティーンとサイモン
メアリーも•ウィルソン氏に話をしたが、ダメだった。彼女は疲れ、とても悲しそうに出てきた。
 何ヶ月もの間、彼女は、デビッド•ウィルソンと廃棄物の危険性について議論したが、彼は、彼女の言うことを聞こうとしなかった。それで、ジョンの報告から18ヶ月が過ぎると、メアリーは別の会社に移ることにした。彼女は、それがより重要な仕事だったので喜んだが、それは彼女が行く理由ではなかった。彼女は、決して洗浄機が作られることはないとわかっていた。
 ジョンは、彼女が行くのを見て悲しかった。彼は、彼女と一緒に働いて楽しかったし、彼女はこの一年半、彼の家を何度か訪れた。彼の子供たちは、彼女が好きになっていた。彼らの母親が死亡してからは、どんな女性とも決して親しくはなれなかったのだ。
 彼女の最後の日に、メアリーとジョンは、一緒に工場のレストランで昼食をとった。 「行くことはないよ、メアリー。」と、ジョンは言った。「この会社はとても成功しているし、つねに成長し続けている。君の新しい塗料は、400の新規事業を齎した - すべて、君の発見のお陰だ!ここは、もはや貧しい町ではない− 成功し、豊かになりつつある!人々は、他の場所から、ここへ移りたいと思うだろう。
 彼は、アンドリューの学校の新しいスポーツセンターについて話した、そこは、塗料会社から資金提供で建設された。町には2つの大きな新しい店舗があるばかりか、新しい劇場と、多くの新しい家があった。「そして、それはすべて君のお陰だ。」と、彼は言った。「素晴らしいよ、メアリー、そう思わないかい?」彼は、テーブル越しに彼女に微笑み、彼女の手を取った。
 彼女は、静かに彼を見た。彼は、工場で働き始めた頃から、大きく変わった。彼が仕事に就いてすぐの6ヶ月間は、本当に幸せと活気に満ちていた。彼はいつも笑い、口ずさんでいたので、彼が工場のどこにいるのか、彼女にはいつもわかった。
 しかし、この18ヶ月間、彼は、まったく静かだった。いつも忙しかったが、歌ったり笑ったりしなかった、そして、メアリーの目を見ていないことがよくあった。一人でいると、疲れて悲しく見えた。
 彼女は、優しく彼から手を離した。「あなたは、なぜ私が行くのか分かっているはずよ、ジョン。」と、彼女は言った。 「私は、川に何が起こっているか、わかっているわ、それを考えるのが嫌なの。あなたも、去るべきよ、そして、別の会社で仕事を見つけるべきだわ。」
 「私は、歳をとり過ぎた。」ジョンは怒って彼女を見つめた。私が新しい仕事を見つけるのは、簡単ではない。それに、メアリー、会社は、もう2年以上塗料を作り続けてきた、そして誰も損害を被っていないよね。」
 メアリーは、少しの間、答えなかった。それから、「あなただけは。」と、言った。
 「私だけ?どういう意味だい?」
 彼女は悲しそうに彼を見た。彼の頭は今や禿げ、老人のように見え始めていた。かつて、彼女は彼と結婚したいと考えていた。今や、彼女は、彼が求婚しなかったことを喜んでいた。
 「ああ、もちろん、あなたの足のことを言っただけよ。」ジョンは、まだ足に痛くて赤い所があり、そのため時々歩きにくかった。しかし、それは、彼女の言葉の真意ではなかった。
 ジョンは笑った。「私の足は、ほぼいいよ。ほとんどそれを忘れていた。でも、メアリー、君が行く前に…君は私を助けてはくれないだろうか。家族の問題なんだが。」
 「わかるわ。さぁ、どう助けられるかしら?子供たちのこと、よくは知らないし。」
 「いや、そんなことはない。ただ、君は女性で、…私には難しい時がある、私自身、父親として。クリスティーンは今や、若い女性だし、物事を相談する母親がいない。私もどう言ってあげたらよいかわからない時がある。」
 「そんなことないわ。」メアリーは悲しげに彼を見た。彼女は、よく、なぜ彼はもっと頻繁に家に来るよう彼女に求めないのかと思っていた。彼女は、彼と子供たちが好きで、彼も自分を好きだったと思っていた。「クリスティンは今何歳なの?」
 「18歳だ。そして、彼女は結婚したがっている。」
 「もう?若いわよね?」
 ジョンは不幸せそうだった。「まあ、それは私も言ったのだが。彼女は、怒るんだよ、メアリー、本当に怒るんだ。
 「その若い男は誰なの?」
 「彼は、サイモン•マクドナルドと呼ばれている。ジャーナリストだ - 地元の新聞社で働いている。いい青年だと思う。でも、私が彼に話をするたび、私たちは主張し合う。そして、クリスティーンは、いつも彼に同意する、そして私も、彼女に怒ってしまう。私は、そうしたくないのだが、メアリー、そうしてしまうんだ。私は、娘を失った気分だよ。
 「あなたは何を主張するの?」
 「ああ、わからない。馬鹿げたことさ、まったく。彼は、この環境グループのどれかに属している - グリーンワールドだと思うんだが - 彼はいつもそれについて話す。彼は、若者だけが正しく、25歳以上は皆いつも間違っていると考えている!」
 メアリーは、思慮深くジョンを見た。
 「それで、あなたは、私に何をしてほしいの、ジョン?私は、母親じゃないし、結婚したこともないわ。」
 「いや、ただ…クリスティーンに話してくれるだろうか?もし、日曜に昼食に、私の家に来られたら…」
 それで、メアリーは、ジョンの家へ行った。サイモンもいた。彼らは食事をし、馬やセーリングについて話した。誰もが、礼儀正しく、議論などはなかった。その後、メアリーは、クリスティーンと馬を見に行った、そしてサイモンはジョンといた。フィールドで、メアリーはサイモンについて話し始めた。
 「彼は若くていい人ね、クリスティーン。とても賢く親切ね。彼に、あなたのお父さんのこと、考えさせられたわ。」
 「お父さん!私のお父さんじゃないみたい!それに、お父さんは、彼を嫌ってる!」
 「私は、そう思わないわ。」
 「そうよ!お父さんは、彼は私には年上過ぎるから、会わないようにって言うの!お父さんは、私はまだ子供だと思っているのよ、メアリー。でも、もう私18よ!結婚したいの!」
 「サイモンのこともっと聞かせてくれないかしら。」
 それで長い間、メアリーは、静かで人里離れたフィールドに立っていた。彼女は、クリスティーンが馬に餌をやるのを手伝いながら、彼女がサイモンについて話すのを聞いた。サイモンは、とても親切で、知性があり、勤勉だと、クリスティーンは言った。彼は、セーリングや乗馬が好きで、世界をもっとクリーンで、快適な場所にしたかった。彼は、彼女に、もう子供ではなく、大人のように、大切だと感じさせてくれた。彼女は、彼の両親に会っていて、とても気に入られていた。問題は彼女の父だけだった…
 「それで私は、どうしたらいいかしら、メアリー?」と、クリスティーンは尋ねた。メアリーは、彼女の手を馬の首に置いた。「私にはわからないんだけど、あなたは彼と結婚すべきだと思うの。でも、あなたはお父さんを怒らせたくはないわよね?サイモンと人生をスタートさせるのが、最善というわけではないわ。」と、彼女は言った。
 「そうね、でもしなければならないならするわ。」
 「私が、お父さんに話してもいいかしら?多分、彼は、私の言うことなら聞くでしょう。彼には難しいでしょうけど - あなたは彼の一人娘だし、多分とても心配してるのよ。」
 「まあ、あなたが、メアリー?お願いするわ。私は、お父さんにサイモンを本当に好きになってほしいの、でも、お父さんは、いつも彼に意地悪なのよ。」
 「最善を尽くすわ、うまくいくかどうかわからないけど。メアリーは、試みた、とても熱心に、そして、彼女の新しい仕事のためスコットランドへと移った。彼女は、電話でもジョンと話し、そして時には、街で一緒にコーヒーを飲んだ。彼女は、ジョンが、どれ程慎重に自分の話を聞き、そして、自分の助けを、どれ程有難いと思っているかに驚いた。彼は、本当に、寂しい人だと彼女は思った。妻を亡くし2人の子供と暮らしてきた彼には、辛いことに違いない。彼は、以前は、子供たちとよく話をしたものだが、今では話さなくなった。
 ついに、ジョンは、結婚に合意した。メアリーは、朗報のための特別な夕食に招かれた。クリスティーンは、とても幸せだった。メアリーが到着すると、クリスティーンは彼女にキスをし、感謝の意を込めた小さな秘密のプレゼントを渡した。それは、イアリングだった。食事のとき、ジョンは、少し緊張した様子だったが、彼もまた幸せそうだった。彼は、メアリーにプレゼントをすることを考えてはいなかったが、一生懸命に微笑もうとし、彼女に感謝した。彼は、食事の間ずっとクリスティーンを見ていた。彼は、もう娘を見ることはないかもしれないと心配しているようで、彼女が彼に微笑むと、とても嬉しかった。
 それから、サイモンが立ち上がり、話をした。
 「ダンカンさん」と、彼は話し始めた。「私は、この夜を忘れないでしょう。私は、あなたが娘をどれ程愛しているか知っています、信じてください、私も彼女を愛しています。あなたは、彼女が、可能な限り最高の夫を持つことを望んでいたから、私のことを心配してきました、私は、その、何も約束することはできませんが、そんな男になれるよう努力します。あなたは、お金持ちです、ダンカンさん、そして、もちろん、クリスティーンと私は、最初はそれほどお金はないでしょうが、やりくりできればいいと思います。」彼は、クリスティーンに微笑んだ。 「それから、昨日、ダンカンさん、私は雇用者と話をしたのですが、以前よりも少し多く給料をくれるそうです。」
 ジョンは、驚い見えた。「おお、本当に?それはなぜ?」
 「えー、彼は、私に新しい仕事をくれましたから。彼は、私に環境問題について記事を書くよう求めました。私は、毎週、環境問題について1面に記事を書かねばなりません。そして、これが最初の記事です。見てください!」
 彼は、ポケットから1枚の新聞紙を引っ張り出し、彼らの前にそれを広げた。海、砂州、そして数頭のアザラシの写真があった。見出しにはこうあった: 「河口のアザラシ、奇妙な病気にかかる」「4頭の赤ちゃんアザラシ、死んで発見される」

体調管理に 癌も克服 奇跡のハーブ iHerb アイハーブ
posted by sakai shinji at 10:54 | Comment(1) | chemical secret | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。