2014年08月23日

カンターヴィルの幽霊 1

1 オーティス氏、幽霊を買う
 アメリカの将校である、ハイラム・B・オーティス氏が、カンターヴィル屋敷を買ったとき、誰もが彼に、あなたは非常に愚かなことをやっていると告げた。
彼らは家の中に幽霊がいることを知っていた。
彼らがその家について話したとき、カンタヴィル卿自身がオーティス氏にその事実を告げた。
 「私たちは、自分たち自身の家に住みたくない。」と、カンターヴィル卿は言った。
 「大叔母の、ボルトンの皇太后夫人は、夕食のためのドレスに着替えているとき、2つの骸骨の手が彼女の肩にあるのを見た。
彼女はショックから回復できなかった。
私の家族の何人かは、幽霊を見た。
妻はしばしば廊下や書斎からする不気味な音で、夜はほとんど眠れなかった。」
 「カンターヴィル閣下、私は家具や幽霊ごとその家を購入致します。私は現代の国から来ている、そしてアメリカでは、お金で買えないものはない、しかし幽霊は違う。ヨーロッパに本当に幽霊がいるのなら、私たちはそれを捕まえ、アメリカにある私たちの博物館に展示するでしょう。」と、オーティス氏は答えた。
 「あなたは信じないかもしれないが、私は幽霊がでることを恐れている。」と、カンターヴィル氏は微笑みながら言った。
実際1584以来、三世紀に渡ってよく知られており、私たちの家族の誰かが亡くなる前に現れた。」
 「まあ、かかりつけの医師も、私たちの家族の誰かが亡くなる前には現れますよ、カンターヴィル閣下。
幽霊のようなものは、古いイギリスの家でさえいません。」
 「あなたが気にしなければ、いいのですが、私は確かに幽霊の話をしたことを忘れないでください。」と、カンターヴィル卿は言った。
 オーティス氏は家を買って、シーズンの終わりに、家族とカンターヴィル屋敷へ行った。
 オーティス夫人はとても美しい中年の女性だった。
彼女は健康で、多くの点で、特に英語は優れていた。
彼女の上の息子、ワシントンは、金髪で、かなり見栄えのいい若い男だった。
バージニア・E・オーティスは、大きな青い目をした15歳の美しい少女だった。
彼女は馬に乗るのがうまく、自分のポニーで一度レースに勝ったことがある。
彼女がレースに勝つのを見て、チェシア公爵は、その場で彼女にプロポーズした。彼は、まさにその夜イートン校へ送り返されたのだが。
バージニアの次に、双子が生まれた。
彼らは楽しい少年だった。
 カンターヴィル屋敷は、最寄り駅のアスコットから7マイルのところにあるので、オーティス氏は、彼らを出迎えるために馬車を探していた。
彼らは上機嫌で、運転を始めた。
それは素敵な7月の夜だった。
空気はいい匂いで、鳥は甘く歌っていた。
彼らはカンターヴィル屋敷の道に入ったが、空が急に雲で覆われ、大きな黒い鳥が彼らの頭上を静かに通過し、彼らが家に到達する前に、大きな雨滴が落ち始めた。
 白い帽子とエプロンをした、黒い絹の服の老婆が、ステップで彼らを待っていた。
それは家政婦のアムニー夫人だった。
彼女はオーティス氏が家を買う前からそこにいた。
彼女は昔ながらの作法で言った、「カンターヴィル屋敷へようこそ。」
彼らは、彼女のあとに続き書斎へ入った。
お茶が彼らのためにテーブルに準備されていた。
彼らは座って見回し始めた。
突然、オーティス夫人が、暖炉のすぐそばの床に暗赤色の染みを見つけた。
彼女はアムニー夫人に言った。「何かそこにこぼれたのではと思います。」
アムニー夫人低い声で答えた。「はい、奥様。
血は、そこにこぼれました。」 
 「なんてひどい!」と、オーティス夫人は叫んだ。「私は、居間に血痕があるのは好きではありません。」
それは、すぐに取り除く必要があります。」
 老婆は微笑んで、同じく低い、不気味な声で再び答えた。
「それは1575年に、夫である•サイモン•ド・カンターヴィル様によって、まさにその場で殺害されたエレアノア・デ・カンターヴィル様の血痕です。
サイモン様はさらに9年住んで、突然、とても神秘的に姿を消しました。
彼の体は発見されていませんが、彼の邪悪な魂はまだこの家にいます。
血痕を取り除くことはできません。」
 「それはすべて無意味だ、ピンカートンのチャンピオンしみ落としとパラゴン合成洗剤は、すぐにそれを綺麗にするだろう。」と、ワシントン•オーティスは叫んだ。そして、家政婦が彼を止める前に、彼は床を掃除し始めた。
 しばらくすると、血痕が消えた。
「私はピンカートンでそれを取り除くことができると知っていた。」と、彼は周りの人を見ながら言った、が彼がこの言葉を言い終える前に、稲妻の恐ろしい閃光が暗い部屋を照らし、大きな雷鳴が、彼ら皆を飛び上がらせた。
アムニー夫人は気絶した。
「何てひどい天気だろう!」と、オーティス氏は静かに言って、長いタバコに火をつけた。
「ハイラム、気絶した女の人に何ができるかしら。」と、オーティス夫人は、床に倒れたアムニー夫人を見ながら叫んだ。
「気絶するたびにお金を支払わなければならないと彼女に言いなさい。彼女は再び気絶しないだろう。」と、オーティス氏は答えた。
しばらくすると、アムニー夫人は我に帰った。
しかし、彼女は非常に怒って、この家にやって来るいくつかのトラブルに注意するよう、オーティス氏に強く言った。
「私は、この目で見てきました、ここで行われてきた恐ろしいことのために、幾晩も、睡眠中私は目を閉じません。」と、彼女は言った。
しかし、オーティス夫妻は、自分たちは幽霊を恐れていないと暖かく述べた。
年輩の家政婦は、給与の増加を求め、自分の部屋に戻った。



体調管理に 癌も克服 奇跡のハーブ iHerb アイハーブ
posted by sakai shinji at 10:16 | Comment(0) | カンターヴィルの幽霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カンターヴィルの幽霊 2

2 カンターヴィル家の幽霊対オーティス家の人々
 ひどい嵐がその夜一晩中続いたが、何も起こらなかった。
しかし、翌朝、彼らが朝食に降りてきたとき、彼らは書斎の床に再び血痕を見つけた。
「私はパラゴン洗剤が機能しなかったとは思わない、血痕は一度消えたから。それは幽霊に違いない。」」と、ワシントンは言った。
彼は二度目のしみ抜きをしたが、二度目の朝、それは再び現れた。
彼は三度目の染み抜きをした。
第三の朝、それは、またあった。書斎のドアはオーティス氏自身が夜にロックし、一晩中彼が鍵をを保持したものの。
家族の皆は今や、とても興味を持っていた。
彼らは幽霊がいるのかどうか疑問に思った。
その夜、彼らは疑問に対する答えを得た。
 その日は暖かく、晴れていた。
涼しい夜に、家族全員でドライブに出かけた。
彼らが午後9時に家に戻ってきたとき、誰もが完全に幽霊のことを忘れていた。
11時に家族は、自分たちの部屋に戻って行き、30分ですべての灯りが消えた。
しばらくして、オーティス氏は、彼の部屋の外でする奇妙な音に目を覚ました。
それは金属製の何かが動き回る音のように聞こえた、そして彼の部屋にだんだん近づいて来るようだった。
彼はすぐに起きた。
ちょうど午前1時だった。
彼はまったく落ち着いていた。
奇妙な音は依然として続き、それとともに彼は足音を聞いた。
彼はスリッパをはいて、ドアを開けた。
彼の右前方に、彼は青白い月光に照らされた、恐ろしい姿の老人を見た。
彼の目は燃える火のように赤かった。長い、灰色の髪は彼の肩の上に落ち、彼の古風な衣服は、磨耗し、そして彼の腕と脚から、重く錆びたチェーンが垂れていた。
 「親愛なるご主人、それらのチェーンに少し油を差して頂くことをお勧めします。」と、オーティス氏は言った。
私はあなたにタマニー・ライジング・サン・オイルの小瓶を持ってきました。
これは、非常に効果があると言われています。
私はそれをあなたのためにここへ置いておきます。
お望みなら、喜んでもっと提供させて頂きますよ。」
これらの言葉とともにオーティス氏は、近くのテーブルの上にその瓶を置いた。
それから彼はドアを閉め、ベッドに入った。
 しばらくの間、カンターヴィルの幽霊は全く動かず立っていた。
彼は非常に怒っていた。
それから、彼は床に油の瓶を叩きつけ、怒って何か叫びながら、廊下を駆けていった。
恐ろしい緑色の光が彼の体から出た。
しかし、彼は階段の上に達したちょうどその時、ドアが急に開いて、白いローブ(部屋着、バスローブ)を着た2人の少年が出て来ると、大きな枕が彼の頭のそばを飛んでいった!
幽霊には、ぐずぐずしている時間はなかった。
彼は急いで壁を通って姿を消した。
家はかなり静かになった。
 彼は左の建物の小さな秘密の部屋に達するやいなや、深く息をし、自分の立場を考え始めた。
彼は決してひどくは侮辱されていなかった。
彼は、皇太后妃のことを考えた。彼女は、彼がとても怖がらせたので気絶したのだった。
彼は4人の家政婦のことを考えた。彼女たちは、彼が寝室の一つのカーテンを通してにやりと笑っただけで、精神的になった。
彼はまた、トレモワラック(大)夫人のことを考えていた。彼女はある朝目覚めると、暖炉のそばで、肘掛け椅子に座って彼女の日記を読んでいる骸骨を見た、それで高熱のため6週間ベッドから出ることができなかった。
幽霊は、彼のよくできた公演を次から次へと思い出して、成功した演技をたくさん思い出しながら微笑んだ。
しかし、それら(すべて)の後に、これら現代風アメリカ人が来て、彼にタマニー・ライジング・サン・オイルを与え、彼の頭に枕を投げた!
彼はそれを我慢できなかった。
そのうえ、歴史上このように扱われた幽霊はいなかった。
彼は彼らに復讐をすることに決めた。
彼は一晩中、そのことを懸命に考えた。

体調管理に 癌も克服 奇跡のハーブ iHerb アイハーブ
posted by sakai shinji at 19:01 | Comment(0) | カンターヴィルの幽霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カンターヴィルの幽霊 3

3 別の幽霊現る
 翌朝、オーティス家の家族が朝食で会うと、彼らはしばらくの間、幽霊について議論した。
タマニー・ライジング・サン・オイルの瓶が幽霊に受け入れられなかったため、オーティス氏は少しイライラしていた。
 「私は幽霊を少しも傷つけたくない、彼が長い間、この家にいたことを考えると、彼に枕を投げるのは良いマナーだとは思わない。」
双子はこの発言に笑った。
彼は続けた、「彼がオイルを使用したくないなら、私たちは彼からチェーンを取らなければならないだろう。
私たちはそのような(騒)音が寝室の外で続けば眠ることができない。」
 しかし、残りの週では、彼らはその音を聞かなかった。
唯一、彼らに興味を持たせたのは、書斎の床の血痕は、毎日取り除かれたのに、毎朝現れたということだった。
これは確かにドアは常に氏オーティスによって夜間ロックされていたので、非常に奇妙で、ウィンドウは、すべての時間をロックされて維持された。
さらに、シミの色は変わった。
暗赤色な朝もあり、それから明るい赤になり、それから鮮やかな紫、そして明るいエメラルドグリーンになった。
オーティス家の人々は、これらの変化が面白く、毎晩、翌朝何色になるかついて話した。
議論に入らなかった唯一の人間がバージニアだった、何らかの理由で、彼女は血痕を見るといつもとても悲しく、エメラルドグリーンだった朝はほとんど泣いた。
 幽霊の2回目の出現は、日曜日の夜だった。
彼らが寝るとすぐに、突然、ホールで恐ろしい音がして驚いた。
彼らは、急いで階段を下りると、カンターヴィルの幽霊が、大きな椅子に座って、顔には怒りの表情で、膝をさすっていたときに、大きくて古い甲冑が、スタンドから石の床の上に落ちたことがわかった。
双子は、自分たちの豆鉄砲を持って来て、すぐに小さな紙のボールを彼に打ち始めた。
オーティス氏は彼の拳銃を取り出して、「手を挙げろ!」と言った。
幽霊は怒りで叫び、霧のように彼らを通り抜け、ワシントン・オーティス氏のロウソクを消し、彼ら全員を真っ暗闇の中に残して行った。
彼は階段の上に達したとき、彼の恐ろしい笑い声を彼らに聞かせすることに決めた。
彼は彼の笑い声が非常に有効であることを知っていた。
それで彼は最も恐ろしい笑い方で笑った。古い屋根に響き渡るまで。
しかし、恐ろしいエコーが消え去るとすぐに、ドアが開いて、オーティス夫人が水色のドレス風ガウンを着て出てきた。
 「私はあなたが気分がよくないのではと思います。」と、彼女は言った。
 「ドクター・ドーベルの薬の瓶を持ってきました。胃に問題があるなら、それはすぐに気持ちよくするでしょう。」
幽霊は、とても怒って彼女を見ると、人々を怯えさせた彼のトリックの一つである、大きな黒い犬に化ける準備をすぐに始めた。
しかし、近づく足音が彼を不安にさせた。
彼はただ弱い光になり、双子が彼に近づく前に、深い幽霊の叫び声と共に姿を消した。
 彼は彼の部屋に着いたとき、疲れ果てて、病気だと感じずにはいられなかった。
双子の無礼、オーティス夫妻の極端な物質主義には、普通にいらいらさせられたが、本当に彼を弱らせたのは、鎧を着ることができなくなったということだった。
彼は、現代のアメリカ人も、鎧を着た幽霊の姿にショックを受けることを期待していた。
その上、これは自前の鎧だった。
彼はそれを着て、ケニルワースの武芸競技大会で大きな成功を収め、さらに英国女王エリザベス1世自身から祝福を受けたのだ。
しかし、彼がそれを身につけたとき、鎧の重さで立つことができず、石の床にどさっと転げ落ち、両膝を負傷し、厳しく右手を打ったのだ。
 このことがあって数日間、彼は重い病気になり、血痕の再生を維持する以外、ほとんど部屋を出なかった。
しかし、十分な静養によって、彼は回復し、オーティス氏とその家族を怖がらせる3度目の挑戦を決意した。
彼は現れる日として、8月17日金曜日を選んだ、そして、その日の大半は、服を選ぶのに費やし、結局、赤い羽根のついた大きな帽子、亡くなった人が着る手首と首にフリルのついたガウン、錆びたナイフを身に付けることに決めた。
夕方に向けて激しい嵐がやって来ると、風がとても強く、古い家の窓やドアはすべて揺れガタガタと鳴った。
実際、それは彼が好きな天候だった。
彼の計画はこうだった、静かにワシントン・オーティスの部屋へ行き、ベッドの足元から、幽霊の声で彼を起こすと、ナイフで彼の喉を三回切りつける。
幽霊は、ワシントンが毎日、有名なカンターヴィルの血痕を取り除いていることを知って以来、他の誰よりも彼を怖がらせたかった。
十分にワシントンを怖がらせた後、彼はオーティス夫妻の部屋に行き、そこでオーティス氏の耳にカンターヴィル屋敷の恐ろしい秘密をささやきながら、オーティス夫人の額に彼の冷たい手を置くつもりだった。
小さなバージニアに関しては、彼はあまり決めていなかった。
彼女は何も彼に悪いことをしていないし、可愛くて穏やかであった。
衣装だんすから、少し叫ぶくらいで十分だろうと彼は考えていた。
双子に関しては、教訓を教えることにした。
もちろん、最初にやるべきことは、悪夢のような重い圧力をかけるように、彼らの胸の上に座ることであった。
それから、彼らが恐怖で動けなくなるまで、緑色で氷のように冷たい死体の姿で彼らの間に立ち、そして最後に、片目がぐるぐる回る骸骨の姿、“物言わぬダニエル、または自殺者の骸骨”という変装で、部屋の周りを回るというものだ。このやり方で、彼は多くの場面で成功していた。
 10時半に、彼は家族が寝るのを聞いた。
しばらくの間、彼は双子の叫び声と笑い声に悩まされましたが、10時15分、すべてが静かになった、それから時計が真夜中を打つと、彼は部屋を出た。
オーティス家の家族は、ぐっすり眠っていた。
幽霊は、邪悪な笑みを顔に浮かべて、壁の外へ静かに踏み出した。
彼は奇妙なで邪悪な16世紀の言葉をつぶやきながら、邪悪な影のように、前へ前へと進んだ。そして時々真夜中の空間にナイフを振った。
ついに、彼はワシントンの部屋につながる廊下の角に達した。
一瞬、彼はそこで立ち止まった。風が彼の長い灰色の髪と死んだ男のガウンをなびかせた。
そのとき、時計は15分を打った。彼は時間が来たと感じた。
彼は笑って角を曲がったが、そうするやいなや、引き返し、彼の長い骨の手で彼の青白い顔を隠した。
彼の右前方に、恐ろしい幽霊が、彫刻のように動かず立っている、それも悪い夢のように巨大だ!
その頭には、全く毛がなく、その顔は、丸く太っていて白く、その広く赤い口には恐ろしい笑みがあった。
その目から赤色光の光線が出て、そのガウンは雪のように白かった。
その体には、古い文字で奇妙な書き込みのある札があり、右手には長いナイフを持っていた。
 これまで幽霊を見たことがないので、その幽霊は普通にとても怯えていた、そして恐ろしい幽霊をもう一度見ると、彼は自分の部屋へ飛んで帰った。
彼はとても慌てていたので、途中で彼の錆びたナイフを落とした。
結局、彼は自分の部屋に戻り、小さなベッドに身を横たえ、カバーの下に顔を隠した。
しかし、しばらくして、勇敢な古いカンターヴィルの幽霊は、昼になるとすぐに、もう一人の幽霊のところへ行き、話しかけることにした。
太陽が丘に触れたちょうどその時、彼は幽霊を見た場所に戻ると、結局、1人の幽霊よりも2人の幽霊がよいし、彼の新しい友人の助けがあれば、無事に双子を打ち負かせるかもしれないと感じた。
しかし、彼がその場所に着いたとき、恐ろしい光景が彼の目に止まった。
何かが確かに幽霊に起きた、光がその目から消えたから。長いナイフがその手から落ち、気分悪そうに壁にもたれていた。
彼は、彼の元へ駆け寄り、腕に抱えた、その時、恐ろしいことに、頭が落ち、床の上に転がった、体は彼に寄りかかった。すると、彼は自分が、ほうきとキッチンナイフを包んだ白いベッドカーテンを抱いていることに気づいた。そして、中身が空っぽのかぶらが彼の足元に横たわっていた!
状況が理解できず、彼は体からカードを剥ぎ取って、灰色の朝の光が差すその場で、その恐ろしい言葉を読んだ。
 オーティス家の幽霊よ
 唯一、真の、本物の幽霊よ
 模造に注意せよ
 他は全て偽物だ
彼はすぐに全てを理解した。
彼はだまされ、ばかにされたのだ!
彼は歯の抜けた歯茎を食いしばった、そして、手を頭上へ高く上げ、血の制裁が行われるべきであり、殺人が静かに行われるべきであることを、古代のやり方で宣誓した。
 彼はこの恐ろしい宣誓を終えたちょうどその時、雄鶏が遠くで鳴いた。
彼は長い間笑い、そして待った。
しかし、雄鶏は再び鳴かなかった。
とうとう、7時半になり、家政婦がやって来た。
彼は次の雄鶏を待つのをあきらめ、彼の宣誓とまだ終えていない仕事のことを考えながら、自分の部屋に戻った。
そこで彼は、数冊の古代騎士道の書籍に相談した、彼はそれがとても好きであり、この誓いが使われるたびに、雄鶏がいつも2回鳴いていたことが分かった。
 「地獄へ行け、のろわれた雄鶏よ!私は彼を私のカラスに変えた日を覚えている!」 
彼は低い声で言うと、快適な棺に入り、そこで夕方まで過ごした。

体調管理に 癌も克服 奇跡のハーブ iHerb アイハーブ
posted by sakai shinji at 20:09 | Comment(0) | カンターヴィルの幽霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月24日

カンターヴィルの幽霊 4

4 幽霊の復讐
 翌日、幽霊はとても弱って、疲れていた。
彼はここ4週の間、興奮し過ぎていた。
彼の神経は完全に打ち砕かれ、彼は最も弱い音にもショックを受けた。
5日間、彼は部屋にとどまり、ついに書斎の床の血痕を放棄することを決めた。
オーティス家の家族がそれを望まないなら、彼らにそれを提供しても無駄だった。
物質的人々であることは疑いなく、彼らは神秘的な現象の価値を理解できなかった。
彼らが理解できないということは、彼にはどうしようもなかった。
彼の任務は、週に一度通路に現れることと、毎月第1および第3水曜日に、大きな出窓から恐ろしく叫ぶことであるが、彼は自分の任務からどうしたら逃れられるかわからなかった。
彼の人生がとても邪悪であったことは、全く本当だが、その一方で、彼はすべての超自然にとても忠実だった。
次の3回の土曜日は、彼は聞かれたり見られたりしないように、あらゆる可能な注意を払い、真夜中から午前3時の間、通常どおり通路を横切った。
彼は、ブーツを脱いで、古い床の上をできるだけ軽く歩き、大きな黒いガウンを着て、鎖にはタマニー・ライジング・サン・オイルをさした。
これをするのは恥だったが、他に方法はなかった。
 しかし、彼にはまだ悩みがあった。
双子は、通路に紐を引っ張り、彼は暗闇の中でそれにつまずいた。
ある時、彼らは階段の一番上の段にバターを置いて、彼は階段をずどんと落ちた。
彼は、これにとても怒り、彼の尊厳と地位を、彼らに分からせるため、ある最終努力をすることに決めた、それで彼は次の夜、“無謀なルパートか、首なし伯爵”の格好で、無礼な双子を訪ねることにした。
彼は70年以上もこの変装を使用していなかった、それは、美しいバーバラ・モディッシュ嬢をあまりにも怖がらせてしまってからのことだった。
彼女は、とても怖がったので、突然それまでのカンターヴィル卿の祖父との婚約を破棄し、ハンサムなジャック・キャッスタウンと逃亡した。
その後、かわいそうにジャックは、カンターヴィル卿との決闘で撃たれ、バーバラ嬢はその年、失意のために亡くなった。
だから、あらゆる点で、それは大成功だった。
しかし、それは極めて難しい扮装だった。
すべての準備が整うと、彼は自分の姿にとても満足した。
1時15分、彼は壁を通過し、廊下を静かに下って行った。
彼は双子の部屋に着くと、ドアが少し開いるのに気づいた。
効果的に入ろうと、彼は大きくそれを開いた、そのとき、重い水の入ったバケツが彼の右側に落ちた。
それは彼の肌を濡らし、彼の左肩を直撃するところだった。
それと同時に、彼はベッドから来る叫びと笑い声を聞いた。
彼はひどくをショックを受け、懸命に自分の部屋に逃げかえり、次の日は、ひどい風邪に苦しんだ。
幸運だった唯一の事は、彼が頭を持って行かなかったという事実だった。
もしそれを持って行ったなら、重いバケツによって壊されていたかもしれない。
 もはやこの失礼なアメリカ人一家を脅えさせる望みはすべて捨て、厚く赤いマフラーを喉に巻き、それから双子に攻撃されたときのために、小さな銃を持ち、スリッパで廊下を歩きまわることに満足していた。
彼が受けた最後のトリックは9月19日に起きた。
彼は階段を下りて、大きなエントランス・ホールに行った、少なくとも、そこでは邪魔されないだろうと確信していた。彼はそこで、カンターヴィル家の肖像画の代わりに飾られた、オーティス夫妻の大きな写真に皮肉を言って楽しんでいた。
時刻は午前2時15分、彼の知る限り、誰も起きてはいなかった。
しかし、血痕の跡が床に残っているか調べるため、書斎にゆっくり向かっていると、突然、双子が暗い角から幽霊に向かって飛び出し、頭の上で腕を激しく振りながら、耳もとで「ブー!」と叫んだ。
彼はパニックになり、急いで階段へ向かったが、そこにはワシントン・オーティスが大きい庭注射器をもって彼を待っていた。
すべての側の敵に囲まれ、彼は幸いにも彼のために、点灯していた、大きな暖炉、に飛び込んだ、と彼は煙突を通って家に戻って行かなければならなかった。
四方を敵に囲まれて、彼は大きな鉄製のストーブの中に飛び込んだ、それは運良く火はついていなかったのだが、煙突を通って部屋に戻らなくてはならなかった。
彼は部屋に着くと、すすで全て黒くなり、具合が悪く、全く失望した。
 この後、誰も夜に彼を見なくなった。
双子はベッドで何回か彼を待っていて、彼を困らせるために、ナッツの殻を廊下に撒いたが、役に立たなかった。
彼の感情がとても傷ついたので現れないことはまったく明らかだった。
その結果、オーティス家の誰もが普段の仕事に戻った、オーティス氏は本の仕事を再び始め、オーティス夫人は素晴らしいパーティーを開いた、少年たちはアメリカのゲームで遊び、バージニアは、若いチェシャー公爵とポニーに乗った、彼は休日の最後の週をカンターヴィル屋敷で過ごすために来ていたのだ。
皆、幽霊はいなくなったと考えた、実際、オーティス氏はカンターヴィル卿に手紙を書き、もう幽霊はいなくなったと報告した。
カンターヴィル卿は、返事として、そのニュースに大いに喜んでいると書いてこられた。
 しかし、オーティス家の人々は間違っていた。
幽霊はまだ家にいたのだ、今やひどく傷ついていたが、その家族と一緒に終了したくなかった。特に、若いチェシャー公爵がそこにいることを聞いてからは。
デューク公爵の大叔父フランシス・スティルトン卿は、ある晩、カンターヴィルの幽霊とさいころ遊びをし、翌朝、カードルームの床の上で発見された。
彼はかなりの年齢まで生きたが、完全に心を失っていた、彼の残りの人生は、「ダブル・シックス」以外、何も言えなかった。
当時、その話はよく知られていた。
幽霊は、スティルトン家に及ぼす影響力を失っていないことを示したがっていた。
彼はバージニアのかわいい恋人の前に、“吸血僧、冷血ベネディクト会修道士”という有名な変装で現れることに決めた。
この変装は、とても恐ろしいので、年老いたスタートアップ夫人が、1764年の大晦日にそれを見たとき、悩卒中の発作に襲われ、3日後に亡くなった。
しかし、最後の瞬間に、彼は双子が恐ろしくて、部屋から出られず、かわいい公爵はロイヤル・ベッドルームで、すやすやと眠り、バージニアの夢を見た。

体調管理に 癌も克服 奇跡のハーブ iHerb アイハーブ
posted by sakai shinji at 10:00 | Comment(0) | カンターヴィルの幽霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カンターヴィルの幽霊 5

5 かわいそうな幽霊!
 この数日後、バージニアとチェシャー公爵は、乗馬へと外出した。
彼らが森の中で馬に乗っていると、木の1つが引っかかり、彼女の乗馬服をひどく引き裂いたので、彼らは家に戻ると、彼女は見られないように、裏階段から上がることにした。
彼女が壁掛けの前を走り過ぎたとき、部屋のドアが開いているのに気づいた。
彼女は母の家政婦が中にいるかもしれないと思った、家政婦はときどきがそこに仕事を持って来ていたから。
バージニアは服を直してくれるよう頼もうと部屋をのぞいた。
しかし、驚いたことに、それは家政婦ではなくて、カンターヴィルの幽霊そのものだった!
彼は窓のそばに座り、金色の木の葉が空中を飛んでいるのを見ながら、すっかり落ち込んでいるように見えた。
彼はとても不幸で、とても悲しそうに見えたので、彼女は彼に対して同情の気持ちでいっぱいになり、部屋へ入って慰めようと決めた。
幽霊は、とても憂鬱に満ちていたので、バージニアが彼に話しかけるまで、彼女に気がつかなかった。
 「ごめんなさいね、弟たちは明日、学校へ戻るから、あなたが私たちを怖がらせようとしないなら、誰もあなたを傷つけないわ。」と、彼女は言った。
幽霊は辺りを見回し、勇気を持って自分に話しかけてきたかわいい小さな少女を見て驚いた。
 「私に君たちを怖がらせないように頼むのはまったく馬鹿らしいことだよ。私は夜に、鎖で音を立て、かぎ穴からうなり声を上げ、歩きまわらないといけないのだ。君が言いたいことがそういうことならね。それが私がここにいる、たったひとつの理由だ。」と、彼は答えた。
 「それは、あなたがここにいる理由ではないわ、あなたは自分が悪いことをしたと分かっているでしょう。私達がここへ来た最初の日に、アムニー夫人が、あなたが奥さんを殺したと教えてくれたわ。」
 「まあ、私はやった。しかし、君たちには関係ない。」と、幽霊は言った。
 「誰であろうと殺すことは本当に悪いことよ。」と、バージニアは、昔のニューイングランドの祖先から受け継いだ、厳格さとまじめさを持って言った。
 「おお、そのようなことを言われるのは好きでない。妻は美しくなかったし、私の服をうまく洗えなかったし、料理はとても下手だった。だが、それはもう全く問題ではない。すべて済んだことだ。私は妻を殺したが、妻の兄弟が、私を殺したことは、いいとは思わないな。彼らは私が死ぬまで食べ物も水も与えなかったのだ。」
 「何も飲まないし、食べなかったの?まあ、幽霊さん、じゃなくてサイモン卿、おなかが空いているの?バッグにサンドイッチがあるわ。召し上がる?」
 「いや、結構だ。今は何も食べないが、君はとても親切だ。君は、無礼で、恐ろしく、下品で、不真面目な君の家族よりずっと親切だ。」
 「やめて!無礼で、恐ろしいのはあなたよ。それに、不真面目だわ。あなただって、私の箱から絵の具を盗んで、書斎のあのばかげた血痕を作ったでしょ。初めに、赤も朱色も持っていったから、私は夕焼けが描けなくなったわ。それからエメラルドグリーンと黄色を持っていったわよね。もう藍色と白しか残ってないのよ。それじゃ、月明かりの風景しか描けないじゃない。そんな風景、いつ見ても気が滅入るわ。それに、ばかげてるわ。エメラルドグリーンの血なんて誰が聞いたことあるの。」と、バージニアは怒って言った。
 「うん、確かに。じゃあ、どうすれば良かったんだ?今では本物の血を手に入れることは本当に難しいことなんだ。それに、君のお兄さんがパラゴン洗剤を使い始めたから、すっかり私は君の絵の具を使っていいと思ってね。色に関して言えば、いつも好みの問題さ。例えば、カンターヴィル家は高貴な貴族の血が流れている、イギリスでもずば抜けた青だ。しかし、君たちアメリカ人はこういう類のことが好きではないのだろう。」」と、幽霊は少し弱々しく言った。」
 「アメリカ人のこと、何も分かっていないのね。一番いいのはアメリカへ行って、もっといい人になろうとすることよ。父は、あなたのために、アメリカ行きのチケットを支払って、とても幸せになると思うわ。一度、ニューヨークに行けば、あなたはきっと大成功するわ。そこには、祖父が欲しい人がたくさんいて、そのためなら、10万ドルも払うでしょう。彼らは、幽霊の家族を持つためなら、それよりもっとお金を払うでしょう。」
 「アメリカが好きになるとは思わないな。」
 「アメリカにはほとんど壊れかけた古い建物が全くないからだと思うわ。」バージニアは冷たく言った。
 「古い建物がない!それでも、風習はあるんじゃないか。」と、幽霊は答えた。
 「おやすみなさい。父のところへ行って、双子をもう1週間泊めておくように頼んでおくわ。」
 「どうか行かないでくれ。バージニア。」と、」幽霊は叫んだ。
 「とても寂しくて、とても不幸で、どうしたらいいのか本当に分からないんだ。眠りたいけど眠れないんだ。」
 「そんなのまったく馬鹿らしいわ!ただベッドに行って、ろうそくを消せばいいのよ。眠るのは全然難しくないわ。赤ちゃんでさえ眠りかたを知っているのよ。」
 「私はもう300年、眠っていない。」と、幽霊が悲しげに言ったので、バージニアは驚いて美しく青い目を見開いた。
 「300年も眠っていない。だからとても疲れているのさ。」
 バージニアはまた彼をとても哀れに感じ、彼女の小さなくちびるはバラの葉のように震えた。
彼女は彼に近付いて、傍らにひざまずき、年老いてしなびた顔を見上げた。
 「なんて、なんて可哀相な幽霊。」と、彼女はつぶやいた。
 「眠れる場所はないの?」
 「松林のずっと向こうにある。小さな庭がある。そこでは、草が長く深く育ち、美しい星のような白い花がたくさんある。そこでは、ナイチンゲール(鳥)が一晩中歌うのさ。それ(ナイチンゲール)は一晩中歌い、冷たく輝く月はうつむき、セイヨウイチイが死者の上にその巨大な枝を広げている。」と、幽霊は低く楽しげな声で答えた。
 バージニアの目は涙で溢れ、彼女は顔を手にうずめた。
 「死の庭ね。」と、バージニアはささやいた。
 「そう、死だ。死はとても美しくないといけない。柔らかく茶色い土の下に横たわり、草は頭上をそよぎ、沈黙に耳を澄ます。昨日もなければ、明日もない。時を忘れ、生を許し、平和である。君なら私を助けられる。君は私のために、死の館の入口を開くことができる。愛がいつも君とともにあるから。愛は死よりも強い。」
 バージニアは震えた。
彼女は、冷たい身震いが体を走り抜けるのを感じた、それから、少しの間、沈黙があった。
彼女はまるでひどい夢の中にいるように感じた。
すると、幽霊は再び柔らかい声で話を始めた。
 「君は、書斎の窓に書いてある古い文字を読んだことがあるかい?」
 「ええ、よく。本当によく知ってるわ。それらは、不思議な黒の文字で描かれていて、読みにくいの。ほんの6行よ。  『金色の少女が勝ち取ることができる時、罪のくちびるから祈りを
 実を結ばないアーモンドが花や身をつけ、小さな子供がその涙を与える時、
 屋敷はどこも静かになり、キャンタービルに平和が訪れる。』
 でも、意味は分からないわ。」と、バージニアは見上げて、声を上げた。
 「それは、君が、私と私の罪のために、涙を流してくれないといけないという意味だ。私に涙はないからね。それから私の魂のために祈ってくれないといけないということ。私は何も信仰していないから。そしてそれから、もし君がいつも優しく、いい人で、穏やかなら、死の使いも私に慈悲をかけ、よくしてくれるだろう。君は、暗闇に恐ろしい姿を見て、邪悪な声を聞くだろうが、彼らは君を傷つけたりはしない。地獄の力は、小さな子供の善良さに勝つことはできないから。」と、幽霊は悲しげに言った。
バージニアは何も答えなかった。
幽霊は、バージニアの金色の頭を見下ろしながら、とても悲しそうに手を組んだ。
突然バージニアは、真っ青になり、立ち上がった。
 「怖くないわ。私が使いに、あなたに慈悲をかけるよう頼んでみるわ。」」と、彼女は強く言った。
彼は喜びの声をかすかに上げて、椅子から立ち上がり、古風な作法で、バージニアの手を取り、キスをした。
彼の指は氷と同じくらい冷たく、くちびるは火のように熱かったが、彼がバージニアを、暗い部屋の向こうへ連れていく時、彼女は恐れなかった。
古いタペストリー(つづれ織り)に、小さな狩人が刺しゅうされていた。
彼らはホルンを吹き、彼女に向かって引き返すようにと小さな手を振った。
 「戻れ!バージニア。戻れ!」 と、彼らは叫んだ。
しかし、幽霊は彼女の手をさらにしっかりと握りると、彼女は彼らから目を閉じた。
恐ろしい動物が、暖炉の上から彼女を見て、つぶやいた。
「用心しろ!バージニア。用心しろ!我々はもう二度と君に会うことはないかもしれないぞ。」
しかし、幽霊はさらにすばやく進んだので、バージニアには聞こえなかった。
彼らが部屋の端に着くと、彼は立ち止まり、彼女には理解できない言葉を言った。
彼女が目を開けると、壁が霧のようにゆっくり消えていき、大きく黒い穴が彼女の前に現れた。
冷たい風が彼らのまわりを吹き、彼女は何かが服を引っぱっているような気がした。
 「早く、早く。でないと、手遅れになる。」と、幽霊は叫んだ。
すると、その瞬間、壁が彼らの後ろで閉まり、タペストリー(つづれ織り)の部屋は空っぽになった。

体調管理に 癌も克服 奇跡のハーブ iHerb アイハーブ
posted by sakai shinji at 12:39 | Comment(0) | カンターヴィルの幽霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カンターヴィルの幽霊 6

6 バージニアはどこ?
 およそ10分後、お茶の時間を知らせるベルが鳴り、バージニアが降りて来ないので、オーティス夫人は、召使いを1人、彼女のところへ向かわせた。
 少しすると、彼は戻ってきて、バージニアがどこにも見あたらないと言った。
彼女は毎晩、夕食の席に飾る花を摘みに庭へ出ていたので、オーティス夫人は初めは全く気にしていなかった。
しかし、6時になって、バージニアがまだ戻ってこないと、本当に心配になって、息子たちに彼女を探しに行かせた。その間、オーティス夫妻は家中の部屋を探した。
6時半、息子たちが戻ってきて、どこにも姉の姿はなかったと言った。
今や彼らはすっかり動転して、何をしたらいいのか分からなかった。
オーティス氏は、ワシントンと2人の使用人を、区域の捜索に行かせると、州のすべての警部に、誘拐されたかもしれない幼い少女を捜索するよう電報を打った。
それから、オーティス氏は、妻と3人の息子たちに夕食をとるように言うと、彼自身は馬に乗って、バージニアを探しに、アスコットへ行く道を、走っていった。
ところが、2、3マイルも行かないうちに、誰かが彼の後を追ってくるのが聞こえた。
彼が振り返って見ると、若い公爵が子馬に乗り、とてもうろたえ、やってくるところだった。
「申し訳ありません、オーティスさん。バージニアが戻らない限り、夕食をとることはできません。
私を追い返しませんよね?戻ることはできません!戻りません!」と、彼は言った。
 オーティス氏はそのハンサムで若い公爵に微笑まずにはいられなかった。そして、彼のバージニアに対する愛情に動かされた。
彼は、優しく肩をたたき、そして言った。「それじゃ、セシル、戻らないなら、一緒に来ないといけないね。」
彼らは鉄道の駅まで駆けていった。
そこでオーティス氏は駅長に、プラットフォームでバージニアらしき人物を見なかったか尋ねたが、彼女に関する情報は何も得られなかった。
しかし、駅長は各駅に電報を送り、すべての駅で彼女を探し続けるようにさせた。
それから彼らは、4マイルほど離れたべクスレー村に馬を走らせた。
そこで、、彼らは田舎の警察官に尋ねたが、彼からは何の情報を得られず、あらゆる場所を馬で見てまわると、家へ帰ることにした。屋敷についたのは11時ごろで、完全に疲れ、心はちぎれそうだった。
通りはとても暗かったので、ワシントンと双子は、門のところでカンテラを持って、彼らを待っていた。
バージニアに関する情報はまったくなかった。
彼らは池を探し、それから敷地をくまなく探したが、バージニアは見つからなかった。
彼女がいなくなってしまったことは明らかだった。
オーティス氏と少年たちは悲しみに沈んで家へ歩いていった。馬とポニーも悲しんで彼らについて行った。
玄関のホールには、使用人のグループがて、皆怯えていた。
気の毒なオーチス夫人は書斎のソファに横たわっていた。
彼女は恐怖と心配で気が狂いそうだった。
オーティス氏はすぐに、夫人に何か食べなくてはと言い、皆に夕食を準備するように言った。
悲しい食事だった。ほとんど誰も話さず、双子でさえ畏縮し、消沈していた。彼らは姉が大好きだったから。
彼らが夕食を終えると、オーティス氏は、全員に寝るように言った。そして、今晩はもう何もできることはない、朝にロンドン警視庁にすぐ刑事を送ってくれるよう電報を打つからと言った。
ちょうど彼らが食堂から出てきたとき、時計が真夜中を打った。
そして最後の鐘が鳴ったとき、割れるような音と、甲高い叫び声が聞こえた。
凄まじい雷鳴が屋敷を揺らし、恐ろしい音楽が空間を流れた。
それから、階段の一番上の板が騒々しい音とともに吹き飛ぶと、バージニアが出てきた。彼女は、真っ青で、小さな箱を手にしていた。
すぐにみんなバージニアの元に走り寄った。
オーチス夫人はバージニアを腕に抱き、かわいい公爵はどバージニアにたくさんキスをし、双子は彼女のまわりで激しくダンスをした。
 「今までどこにいた?」オーティス氏は怒って言った。彼女がばかげた悪さを自分たちにしたのだと思って。 
オーチス夫人はつぶやいた、「バージニア、ここにいることを神に感謝します。もう決して私から離れないでね。」それから、バージニアにキスし、彼女の金髪に触った。
 「お父さん。私は幽霊と一緒だったの。彼は死んだわ。彼に会いに来てちょうだい。彼はとても悪い人だったけど、自分がやったすべてのことを本当に悪いと思っていたわ。彼は私にこの美しい宝石箱を渡して死んだわ。」バージニアは静かに言った。
 家族は全員、驚いてバージニアを見たが、彼女はまったく真面目だった。
彼女はくるりとまわって、壁の穴を通って秘密の廊下へ彼らを連れて行った。
ワシントンは火のついたろうそくを持って、後に続いた。彼はそれをテーブルから持ってきたのだ。
最後に、彼らは大きなドアまで来た。
バージニアがそれに触れると、それは重々しく開いた。そこは小さな窓がひとつある小さな低い部屋だった。
巨大な鉄の輪が壁にあり、骸骨が鎖でそれにつながれていた。
骸骨は床に横たわっていて、その長い指が床に置かれた大きくて古風な皿と水差しを掴もうとしているように見えた。しかし、それらはちょうど手が届かないところに置かれてた。
水差しは明らかにかつては水で満たされていた、中が緑のかびで覆われたから。
皿には山盛りの土しかなかった。
バージニアは骸骨の傍らに腰を下ろし、小さな手を合わせて、静かに祈り始めた。
ほかの家族骸骨を見下ろした。
彼らは、ついに、サイモン・ド・カーヴィ卿の秘密を知った。
 「神が彼を許したのよ。彼は今平安だわ。」と、バージニアは立ち上がって言った。彼女の顔は美しい光に満ちているようだった。
 「なんという天使だ!」と、若い公爵は声を上げ、彼女に腕をまわし、キスをした。

体調管理に 癌も克服 奇跡のハーブ iHerb アイハーブ
posted by sakai shinji at 18:43 | Comment(0) | カンターヴィルの幽霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。