2014年07月18日

大学受験に英語文法の参考書は必要か

まず必要ありません。
特に高校で買わされるような類のものは、
害にこそなれ、益にはなりません。
それらは、出版社の利益のためにあるのです。

これは主観ではありません。
一昔前なら常識です。
学校に出入りする業者の店舗前に、よく議員の看板が置いてありますが、
それが何を意味すのか、中学生以上なら気づいてほしいものです。

以前は学校で参考書を買わされるなどということは一切ありませんでした。
当時、まだ優秀だった頃のZ会旬報にも英文法の参考書など要らないと記載されていました。
どうしても持っていたい人は新自修英文典などを薦めていました。
現在復刻版が出ています。

参考書に時間を掛ければ掛けるほど、必然的に
教科書を読んだり、辞書を引く回数が減ります。
基礎学力が低下し、思考力が落ちます。
仮に暗記できたとしても、入試では通用しません。

もっと教科書や辞書を読みましょう。
入試は基本的に教科書に載っているもので十分です。
参考書より、いい辞書を選んで何度もひきましょう。

あとは過去問をやってみればいいのです。
模試は要りません。入試とは別物だからです。
自分が受ける大学の入試出題者の思考に合わせるべきです。
教科書と入試問題の間に何かをやる必要などありません。

受験参考書は利益が目的ですから、多くは盗作です。
筆者自身がよく理解できていないために、盗みきれていません(笑)。
そういった意味でも参考書は害にこそなれ益にはなりません。

大学に入って、英語をより深く勉強したい人には、
「現代英文法講義」 安藤貞雄著などはお薦めです。
大学生になれば高校のとき買わされた参考書がいかにお粗末だったかが分かることでしょう。


 



体調管理に 癌も克服 奇跡のハーブ iHerb アイハーブ
posted by sakai shinji at 14:20 | Comment(0) | オススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。